競馬の新馬戦でもオッズ理論が使える!?馬の能力に関係なく競馬予想する方法

競馬予想において特に難解なのが新馬戦ではないでしょうか。

競馬予想って馬の能力で予想する場合がほとんどなので

脚質や上がりタイム、気性等判断できるデータがあるからこそ予想しやすいですよね。

ですが競馬予想に不可欠なデータがほぼない新馬戦で

予想するのってかなり大変です!

ではどうやって新馬戦を予想するかというと普通は騎手や血統、前評判くらいでしょうかね。

ですがオッズ理論であればデータに関係なく新馬戦も予想できます。

といいつつオッズ理論で予想すること自体はいつもと変わりません(笑)

という事で今回は紹介するレースがたまたま新馬戦ですが

普段通り複勝オッズと枠連オッズで攻略していきたいと思います。

新馬戦をオッズ理論で予想

上の表は2021年6月19日(土)札幌競馬場第5レースの新馬戦の朝イチオッズ表です。

新馬戦であろうといつもどおり馬の能力等関係なく予想していきますよ~。

で朝イチオッズを見ると単勝オッズ10倍台以下が5頭、10倍台が5頭もおり

混戦模様です。

そして複勝オッズの並びもバラバラで単勝複勝オッズではちょっと来そうな馬がハッキリしません。

でこういう時は奥の手、枠連オッズを見てみることにします。

枠連の朝イチオッズの人気順は

5-6

6-7

3-6

という並びになっていますね。

であれば6枠中心に馬券を組み立ててよさそうです。

単勝オッズで6枠は4番人気、5番人気ですが

枠連人気>単勝人気の法則で6枠を軸とします。

で問題は相手なのですが普通に上位の馬に流してもいいかもしれません。

ですが単勝オッズが割れているのですんなり上位決着にならない気もしますよね。

なので枠連人気をもう一度見るとちょっと怪しい枠があるのに気づきますか?

枠連5番人気に

6-8

と8枠が出現しているのに気づきます。

8枠は単勝人気でいうと10番人気の馬です。

なのに6枠絡みで8枠が上位に来ている?

さらに8枠11番の複勝は3.7倍で上の2番、1番より複勝が買われているのがわかれば

馬券として押さえておく必要がありました!

という事で馬券は馬連フォーメーションで

6枠2頭から上位+8枠11番の組み合わせで

8・7→5・9・4・8・7・11

の9点買いで勝負です。

結果は

  • 1着:7番ボメランチェ(3番人気)
  • 2着:11番ナムラリコリス(8番人気)
  • 3着:5番フリートオブフット(1番人気)

軸として狙った6枠7番がズバッと1着で優勝!

そして伏兵の8枠11番が2着に食い込んで中波乱となりました。

馬連 7-11 4,470円はまずまずの配当でしょう。

3連複も買っていれば

5-7-11 6,540円の配当でした。

このように新馬戦においてもいつもどおり

オッズのみで競馬予想が十分できますし

コツをつかめば5分とかからず予想することだってできます!

もし新馬戦の予想で悩む場合はオッズ理論で予想するのも一つの手ですよ。

今日のブログ記事では

新馬戦のオッズについてお伝えしましたが

その辺の事についてイマイチわからなかったりもっと掘り下げて

聞きたいことがあったらメールくださいね!

まとめ

今回は競馬の新馬戦でもオッズ理論が使える!?馬の能力に関係なく競馬予想する方法

をお伝えしました。

最後までお読みいただきありがとうございます!!

※※※※※お知らせ※※※※※

『どうやっても競馬で勝てない!!!』

『また競馬でお小遣いを散財してしまった・・・』

『いろんな競馬必勝法を使ってもさっぱり当たらない・・・』

もし競馬予想で悩んでいるのであれば進化系オッズ理論を使ってみませんか?

誰でも簡単に3連複の買い目が出せて高額馬券も取れるオッズ理論

3連複18点買い理論

驚異の連対率8割!枠連を使った秘伝の法則

枠連連対法則 ご興味のある方は御連絡ください!

※オッズを使っての予想が苦手な方は御遠慮ください。

「馬王Z」自動運転攻略法を無料提供中!【競馬最強の法則WEB】

《公式》極ウマ・プレミアム

日刊スポーツ新聞社運営の競馬情報サイト 人気のコンピ指数がレース前夜に読める!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ABOUTこの記事をかいた人

はじめまして! 競馬と出会ったのは高校生の時、ミホノブルボンの3冠がかかった菊花賞がきっかけでした。その後競馬にのめりこみ、志望大学に至っては『競馬場に近いから』という不順な動機で選択し、見事?合格。 大学はほどほどに、競馬場に行くのが日課となる。 その後これでもかというくらい負け続け、これではイカン!と思い競馬本を買いあさり、必勝本を読んでは競馬研究に没頭する。 そして苦節20数年、ついに負けない馬券の買い方『KO理論』を開発し、お小遣いを稼ぐ競馬術を編み出して現在に至ります。