競馬の穴馬探しは複勝オッズから!基本に忠実で馬連的中【その2】

自分で言うのもなんですが

どうやら穴馬探しには複勝異常オッズ馬だけマークしておけば

当たり馬券を掴めます!

つまり競馬の穴馬探しは複勝オッズから!

あまり大きな声では言えませんが朝イチオッズ取得時間が非常に重要なんですけどね。

※朝イチオッズ時間帯について知りたい方はお手数ですがお問合せください。

という事で今回も

競馬の穴馬探しを複勝オッズから読み解いていきましょう。

見るだけでわかる?複勝異常オッズ

上の表は2021年5月9日(日)中京競馬場第10レース、橘ステークスの朝イチオッズ表となります。

でこのレース単勝10倍台の頭数が7頭もいて大混戦!

普通に予想したらちょっと難しいかもしれませんが

オッズ理論ならなんとかなるかも?

という事でまずはいつもの通り、1番人気のチェックからいきましょう。

1番人気は12番エルカスティージョで

単勝オッズは4.2倍、複勝オッズは2.3倍となっています。

もうこの時点でかなり危ない1番人気ですが

複勝オッズ2.3倍というのはちょっといただけません。

そしてデータマイニング指数においてもタイム型、対戦型とも

1位を獲得できていないので

1番人気の12番は相手まで、といったところです。

では穴馬を探すために複勝オッズをチェックしてみましょうか。

複勝オッズは上位から整合性が取れていませんが、

一番数字が大きく離れている箇所が一番アヤシイ・・・

  • 4番:カイトゲニー 複勝オッズ 2.3倍
  • 8番:テイエムトッキュウ 複勝オッズ 7.0倍→複勝異常オッズ
  • 13番:メインターゲット 複勝オッズ 4.9倍

オッズ表の中では

8番の複勝オッズ7.0倍が上下の馬の数字と大きく差があるのがわかります。

つまり8番は複勝異常オッズ馬で

複勝異常オッズ馬の上下の馬は馬券に絡みやすい法則

から

穴馬は4番及び13番となります。

もちろんこの2頭軸で上位人気に流すフォーメーションでもいいのですが

ここは思い切って1頭に絞りましょうか。

上の表は朝イチの枠連人気順ですが

上から

7-8

4-7

4-8

となっていますね。

枠を人気順に直すと

7枠→8枠→4枠となります。

しかし4枠は単勝人気では5番人気と8番人気??

つまり4枠がどうやら絡むかも??

という事でまとめると

複勝オッズの異常と枠連人気から

4枠4番を軸に指定!

馬連4番→12・11・6・10・5

の5点買いで勝負。保険でワイドも買います。

結果は

  • 1着:6番ダディーズビビッド(7番人気)
  • 2着:11番ヴィジュネル(2番人気)
  • 3着:4番カイトゲニー(8番人気)

残念ながら4番は3着で馬連は失敗!

ですがワイドは2点的中で

4-6 2,230円 4-11 1,260円

はワイドにしては高配当でした。

でももし3連複も買えていたら

4-6-11 9,200円もゲットできていましたね!

さすがに難解レースではありましたが

複勝異常オッズが見抜ければ馬券的中にグッと近づくのではないでしょうか。

前回お伝えした記事

も合わせて基本の基本、

複勝オッズをじっくり眺めてみてくださいね。

まとめ

今回は競馬の穴馬探しは複勝オッズから!基本に忠実で馬連的中【その2】

をお伝えしました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ABOUTこの記事をかいた人

はじめまして! 競馬と出会ったのは高校生の時、ミホノブルボンの3冠がかかった菊花賞がきっかけでした。その後競馬にのめりこみ、志望大学に至っては『競馬場に近いから』という不順な動機で選択し、見事?合格。 大学はほどほどに、競馬場に行くのが日課となる。 その後これでもかというくらい負け続け、これではイカン!と思い競馬本を買いあさり、必勝本を読んでは競馬研究に没頭する。 そして苦節20数年、ついに負けない馬券の買い方『KO理論』を開発し、お小遣いを稼ぐ競馬術を編み出して現在に至ります。