競馬1番人気の危険なオッズとは?オッズの見極めで信頼度がわかる方法

競馬で勝つためには

  • 1番人気の信頼度
  • レース選択

が大事!です。

その内の一つである

1番人気が来るかどうか?なんですが

馬の能力や騎手、血統、はたまた調教師や生産者がだれであっても

オッズである程度信頼度がわかったりするんです。

つまり

1番人気の馬が

騎手ルメール

斉藤崇史厩舎

馬主サンデーレーシング

生産者ノーザンファーム

だろうがオッズさえ見れば信頼度がわかります。(ちなみに上記の該当馬はクロノジェネシスです(笑))

しかもほんのちょっとの手間をかけるだけ。

であれば使うしかないでしょう!

という事で今回は

1番人気の信頼度をチェックする方法をお伝えしたいと思います。

グリグリ1番人気でもあるオッズをみれば信頼度がわかる

上の表は2021年12月25日(土)中山競馬場第2レースの朝イチオッズ表です。

で馬券予想で一番注目したいのは

1番人気9番ジューンボンボンを信頼していいのかどうかですね!

つまり9番が来るかどうかがわかれば半分馬券が的中した言っていいでしょう(笑)

では1番人気を信頼でいいのかどうかのポイントですが・・・

  • オッズの整合性
  • データマイニング
  • 直前オッズまでのオッズの推移

この3点さえ掴めば騎手がだれであろうと1番人気の信頼度がわかります。

では順番にみていきましょうか。

まずオッズの整合性を確認します。

朝イチ9番のオッズですが

単勝オッズ 1.9倍

複勝オッズ 1.2倍

まぁ1番人気のオッズとしては妥当と言えば妥当なんですが

若干1.2倍のオッズが甘いかな?とも取れます。

では次にデータマイニング指数のチェックをしましょう。

9番のデータマイニング指数ですが

タイム型で5位、対戦型で3位でした。

という事は信頼度はちょっと、というかかなり黄色信号かな?

最後に朝イチからの単勝オッズの推移です。

朝イチ9番は1.9倍でしたよね。

で直前オッズの9番の単勝オッズは・・・

2.4倍でした!

このように朝イチオッズからオッズが上昇するとかなり危ない1番人気になってしまいます。

という事で1番人気の信頼度チェックをまとめると

  • 朝イチのオッズ→複勝1.2倍で買いがイマイチ甘い
  • データマイニング指数→指数で1位を獲得できていない
  • オッズの推移→直前オッズで上昇なので危ない

全てにおいて買い要素はありませんでした!

なのでいくら1倍台の1番人気としても軸とするのは危険です。

であれば馬券の軸としては2番人気の12番でいいかな?

さて結果ですが

中山第2レース結果
  • 1着:12番マリノプリエール(2番人気)
  • 2着:3番ホノノディーヴァ(5番人気)
  • 3着:16番パラダイスレーン(7番人気)

予想通り(笑)

1番人気だった9番は期待を裏切って6着と惨敗!

代わりに1着に来たのは安定した人気だった12番でした!

馬連はちょっと難しかったかもしれませんが

少なくとも12番から流せば馬連も獲れたのでは。

馬連 3-12 1,700円という結果でした。

1番人気の取捨選択としては

非常に参考になるレースでしたので今後の予想の参考にしてください。

まとめ

今回は競馬1番人気の危険なオッズとは?オッズの見極めで信頼度がわかる方法

をお伝えしました。

最後までお読みいただきありがとうございます!!

※※※※※お知らせ※※※※※

『どうやっても競馬で勝てない!!!』

『また競馬でお小遣いを散財してしまった・・・』

『いろんな競馬必勝法を使ってもさっぱり当たらない・・・』

もし競馬予想で悩んでいるのであれば進化系オッズ理論を使ってみませんか?

誰でも簡単に3連複の買い目が出せて高額馬券も取れるオッズ理論

3連複18点買い理論

驚異の連対率8割!枠連を使った秘伝の法則

枠連連対法則 ご興味のある方は御連絡ください!

※オッズを使っての予想が苦手な方は御遠慮ください。

「馬王Z」自動運転攻略法を無料提供中!【競馬最強の法則WEB】

《公式》極ウマ・プレミアム

日刊スポーツ新聞社運営の競馬情報サイト 人気のコンピ指数がレース前夜に読める!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ABOUTこの記事をかいた人

はじめまして! 競馬と出会ったのは高校生の時、ミホノブルボンの3冠がかかった菊花賞がきっかけでした。その後競馬にのめりこみ、志望大学に至っては『競馬場に近いから』という不順な動機で選択し、見事?合格。 大学はほどほどに、競馬場に行くのが日課となる。 その後これでもかというくらい負け続け、これではイカン!と思い競馬本を買いあさり、必勝本を読んでは競馬研究に没頭する。 そして苦節20数年、ついに負けない馬券の買い方『KO理論』を開発し、お小遣いを稼ぐ競馬術を編み出して現在に至ります。