競馬複勝だけ売れている馬に注目!!時としてなぜか激走を生み出す?

私の競馬オッズ理論の基本は朝イチオッズをチェックすることから予想していくのですが

朝イチオッズって本当に面白くて

何で単勝で人気ないのに複勝が売れているんだろう?

という馬が結構いたりします。

いわゆる複勝オッズ異常馬なんですが

私の長年の分析では

単勝人気より複勝が売れている馬の方が穴を開けやすい!

馬券を考えるのであれば複勝が売れているのに加えて

枠連人気があったり単勝オッズ断層前後に配置されている方が好走率が高くなるのですが

複勝が売れているだけでも激走してしまったレースをご紹介しますね。

人気上位から複勝異常オッズ馬に流して馬券を獲る

見出しに書きましたが

上位人気から複勝が売れている馬に流す!

たったこれだけのステップで馬券が取れてしまう事もあります(笑)

まぁこう書いてる身が言うのもなんですが

こんなに簡単に獲れる程競馬はあまくありません・・・・

ですが考え方によっては

遊びで取れたらラッキーぐらいで買うといいかもですよ。

と前置きが長くなりましたがレース紹介に行きます!

上の表は2021年9月25日(土)中山競馬場第5レースの朝イチオッズ表です。

で上位人気、特に1番人気の6番が強そうで他の馬の情報に

あまり目が行きにくいのですが

注目してほしいのは

複勝が人気となっている馬です!

と言えば一頭だけちょっとオッズがおかしい馬に気づくハズ。

  • 7番:ビロングゴールド 単勝オッズ:26.4倍 複勝オッズ:2.5倍

朝イチオッズにおいて

7番は単勝が8番人気にもかかわらず

複勝では5番人気となぜか?売れていました。

複勝オッズの上下を見ると明らかに7番だけヘッコんでいるのがわかりますよね。

このように

単勝人気より複勝人気となっている馬は激走しやすい!

ただしオッズ理論的に買える要素は複勝が売れているくらいしかなく(笑)

ぶっちゃけ勝負レースとしては適しておりません。

ですが遊びでかうのであれば

7番から上位人気に流せばいいかな~なんて考えればいいでしょう。

でもし勝負勘のいいひとであれば

7番と1番人気の6番との馬連&ワイド1点勝負もできました!

<strong>中山第5レース結果</strong>
  • 1着:6番ビジュノワール(1番人気)
  • 2着:7番ビロングゴールド(8番人気)
  • 3着:13番シロン(7番人気)

最終の単勝オッズ1.4倍の6番が当然のように優勝したのはいいとして

2着には複勝オッズが売れていただけ(笑)の7番が来ちゃいました!

遊びで特に考えることなく馬券を買ったら当たった典型例ですね。

馬連 6-7 2,530円

を1点買いで仕留める事ができたら大したものです(笑)

ワイドでも

6-7 1,080円は優秀すぎる回収となりますね。

やはり競馬オッズ理論では

数字がすべてなのでアヤシイオッズや何となく気になるオッズ断層を見つけたら

少額でもいいので、もしくは複勝でもいいので

買ってみる事をオススメします。

もし100円でも負けたくないのであればエア馬券でも全然アリです!

ちょっとした数字の変化に気づくと

オッズ競馬の楽しさが倍増しますよーーー。

まとめ

今回は競馬複勝だけ売れている馬に注目!!時としてなぜか激走を生み出す?

をお伝えしました。

最後までお読みいただきありがとうございます!!

※※※※※お知らせ※※※※※

『どうやっても競馬で勝てない!!!』

『また競馬でお小遣いを散財してしまった・・・』

『いろんな競馬必勝法を使ってもさっぱり当たらない・・・』

もし競馬予想で悩んでいるのであれば進化系オッズ理論を使ってみませんか?

誰でも簡単に3連複の買い目が出せて高額馬券も取れるオッズ理論

3連複18点買い理論

驚異の連対率8割!枠連を使った秘伝の法則

枠連連対法則 ご興味のある方は御連絡ください!

※オッズを使っての予想が苦手な方は御遠慮ください。

「馬王Z」自動運転攻略法を無料提供中!【競馬最強の法則WEB】

《公式》極ウマ・プレミアム

日刊スポーツ新聞社運営の競馬情報サイト 人気のコンピ指数がレース前夜に読める!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ABOUTこの記事をかいた人

はじめまして! 競馬と出会ったのは高校生の時、ミホノブルボンの3冠がかかった菊花賞がきっかけでした。その後競馬にのめりこみ、志望大学に至っては『競馬場に近いから』という不順な動機で選択し、見事?合格。 大学はほどほどに、競馬場に行くのが日課となる。 その後これでもかというくらい負け続け、これではイカン!と思い競馬本を買いあさり、必勝本を読んでは競馬研究に没頭する。 そして苦節20数年、ついに負けない馬券の買い方『KO理論』を開発し、お小遣いを稼ぐ競馬術を編み出して現在に至ります。