競馬1番人気でも危険な場合ってどんな時?オッズとデータマイニング指数で検証

私の知る限り?というかあまりサイトでも情報が出てこないのですが

オッズとデータマイニング指数の関係を伝えていないんですよね。

でもオッズとデータマイニング指数で1番人気が来るかどうか

ある程度わかるのであれば使った方がいいと思いませんか?

という訳で今回は

競馬の1番人気は

オッズとデータマイニング指数で危険を察知できる

レースがありましたので紹介したいと思います。

1番人気のデータマイニング指数が悪いだけで信頼度はガタ落ち

上の表は2021年5月9日(日)東京競馬場第12レースの朝イチオッズ表です。

このレースのポイントは

上位2頭が馬券に絡むかどうか?ですね。

まずは1番人気1番シハーブから。

単勝オッズは1.8倍、複勝オッズも1.1倍で一見信頼できそうですが

データマイニング指数が悪いです。

タイム型は4位、そして対戦型も2位という事で

ちょっと危険なニオイがしませんか?

逆に2番ニュートンテソーロは単勝オッズ4.0倍 複勝オッズ1.2倍ですが

データマイニング指数は共に1位となっていますね。

で個人的には

2番の方が有利と見ます。

もちろん朝イチの段階で判断してもいいのですが

直前オッズではこのようになりました。

  • 1番の単勝オッズ:朝イチ1.8倍→2.3倍と上昇
  • 2番の単勝オッズ:朝イチ4.0倍→3.0倍と下降

要するに

1番は人気が落ちて2番は人気が上がる!

という事は2番はかなり信頼度が高い!という事になります。

なのでこのレースは

2番が軸でいいでしょう。

そして相手なのですが

もう一つのポイント、枠連人気から

6枠が拾えるかどうかがカギでした!

朝イチの枠連人気ですが

人気順に

1枠→2枠→7枠→6枠

となっていますよね?

6枠は単勝オッズで7位と8位になっているのに?

そして7番は若干ですが複勝オッズも低くなっていますね。

なので馬連は

2番→9・10・8・7の4点。

ワイドも抑えます。

結果は

  • 1着:2番ニュートンテソーロ(2番人気)
  • 2着:8番エースレイジング(6番人気)
  • 3着:9番ストームガスト(5番人気)

馬連 2-8 2,260円は

安いですが1番を消せたのが大きいですね!

ワイドは 2-8 730円 2-9 430円

の2本取りのおまけつきでバッチリの読みでした。

ちなみに3連複は

2-8-9 4,890円は買える馬券でしたね!惜しいですが

これはこれで良しとしましょう。

最後にまとめると

単勝1倍台でもデータマイニング指数が悪ければ疑ってかかれ!

でした。

1番人気が消えるのがわかればそれだけ高配当必至ですからね。

※ただしこの記事を読んでいるあなただけの内緒にしてくださいね。

せっかく消せる人気馬もみんなが同じように買うと儲かりませんから(笑)

まとめ

今回は競馬1番人気でも危険な場合ってどんな時?オッズとデータマイニング指数で検証

をお伝えしました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ABOUTこの記事をかいた人

はじめまして! 競馬と出会ったのは高校生の時、ミホノブルボンの3冠がかかった菊花賞がきっかけでした。その後競馬にのめりこみ、志望大学に至っては『競馬場に近いから』という不順な動機で選択し、見事?合格。 大学はほどほどに、競馬場に行くのが日課となる。 その後これでもかというくらい負け続け、これではイカン!と思い競馬本を買いあさり、必勝本を読んでは競馬研究に没頭する。 そして苦節20数年、ついに負けない馬券の買い方『KO理論』を開発し、お小遣いを稼ぐ競馬術を編み出して現在に至ります。