チャンピオンズカップ【2021年】振り返り!!ソダシ敗退の理由はオッズにあった?

今回は2021年12月5日(日)中京競馬場第11レースにて行われた

第22回チャンピオンズカップ(GⅠ)をオッズ理論から振り返ってみたいと思います。

さて今回のチャンピオンズカップのポイントは

何といっても

アイドルホース、ソダシが初ダートで

一線級のダート馬たちと対峙できるかどうかでした。

ソダシが来るか来ないかだけでもかなり馬券は当てやすかったレースですが

早速振り返りたいと思います。

ソダシは人気馬だからこそオッズで判断できた!

上の表はチャンピオンズカップ当日の朝イチオッズ表です。

一見特に違和感のなさそうなオッズですが

ソダシの単勝複勝オッズに注目してみてください。

  • 1番:ソダシ 単勝オッズ3.4倍 複勝オッズ 2.2倍

ソダシは単勝1番人気であるのはまぁいいとして

問題は複勝オッズですね!

単勝1番人気なのにもかかわらず複勝が2倍を超えている??

という事はかなり危険な1番人気!と判断せざるを得ません。

私の朝イチオッズにおける1番人気のポイントですが

単勝オッズ:3倍以上 複勝オッズ1.5倍以上

の馬は危ない1番人気とお伝えしている通りですね。

さらにソダシを間違っても軸にできない理由として枠連人気にありました!

朝イチの枠連人気ですが

3-7が1番人気ですよね??

普通であれば1番人気ソダシの1枠が1番人気を取っていないといけないのに

なぜか

3-7?

という事はソダシが馬券に絡む可能性はかなり低い!

と見ていいでしょう。

であればソダシ意外の馬で馬券を組み立てるべきですね。

ソダシを外せるとなると

6番テーオーケインズか13番チュウワウィザードか?の2頭ですが

今回は13番から勝負することにしました。

そしてオッズ等を考慮しておそらく荒れる事はないだろうと判断。

馬券は馬連で

13番から6番本線で一応万が一来たら困るので1番とも少し押えます。

13番→6・1の2点買いで勝負です。

さて結果ですが

チャンピオンズカップ結果
  • 1着:6番テーオーケインズ(1番人気)
  • 2着:13番チュウワウィザード(3番人気)
  • 3着:11番アナザートゥルース(14番人気)

終わってみれば6番テーオーケインズが横綱相撲の走りで圧勝しました!

そして連対はまず外さないだろうと踏んだ13番チュウワウィザードも

最後に11番を交わして2着を確保してくれました。

ちなみに危ない人気馬ソダシですが最終的に2番人気となった点も危険な人気馬でしたね。

ソダシは見せ場を作ったものの結局12着と惨敗。

今後は再びダートレースに参戦するのかも注目したいですね。

何はともあれ無事的中で

馬連6-13 610円は安いですが厚く買っていたので良かったです(笑)

という事でまとめると

人気馬の一角、ソダシを消せることができれば

かなり簡単に馬券が獲れたレースでしたね。

GⅠに限らず単勝&複勝、そして枠連の動向が読めるようになると

さらに予想が上達してきますよ!

まとめ

今回はチャンピオンズカップ【2021年】振り返り!!ソダシ敗退の理由はオッズにあった?

最後までお読みいただきありがとうございます!!

※※※※※お知らせ※※※※※

『どうやっても競馬で勝てない!!!』

『また競馬でお小遣いを散財してしまった・・・』

『いろんな競馬必勝法を使ってもさっぱり当たらない・・・』

もし競馬予想で悩んでいるのであれば進化系オッズ理論を使ってみませんか?

誰でも簡単に3連複の買い目が出せて高額馬券も取れるオッズ理論

3連複18点買い理論

驚異の連対率8割!枠連を使った秘伝の法則

枠連連対法則 ご興味のある方は御連絡ください!

※オッズを使っての予想が苦手な方は御遠慮ください。

「馬王Z」自動運転攻略法を無料提供中!【競馬最強の法則WEB】

《公式》極ウマ・プレミアム

日刊スポーツ新聞社運営の競馬情報サイト 人気のコンピ指数がレース前夜に読める!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ABOUTこの記事をかいた人

はじめまして! 競馬と出会ったのは高校生の時、ミホノブルボンの3冠がかかった菊花賞がきっかけでした。その後競馬にのめりこみ、志望大学に至っては『競馬場に近いから』という不順な動機で選択し、見事?合格。 大学はほどほどに、競馬場に行くのが日課となる。 その後これでもかというくらい負け続け、これではイカン!と思い競馬本を買いあさり、必勝本を読んでは競馬研究に没頭する。 そして苦節20数年、ついに負けない馬券の買い方『KO理論』を開発し、お小遣いを稼ぐ競馬術を編み出して現在に至ります。