競馬のオッズ取得時間は朝イチがベストな理由とは?オイシイ馬券が転がっている

私の進化系オッズ理論の肝ともいうべき

オッズ取得時間は朝イチのある時間帯のみです。

厳密には他の時間帯でもいいのでしょうが10数年の研究の結果

朝イチの僅か10分程度のオッズを見ることで

馬券的中率及び回収率が格段に上がりました。

で詳細の朝イチ取得時間は無料記事では書けないのですが(笑)

よくご質問である

『締め切り直前のオッズだとダメなんですか?』

に対しての私の見解を実際のレースをご紹介しながら説明したいと思います。

締め切り直前のオッズではわからない馬が朝イチでは人気になっている

結論から申しますと見出しの通りなんですが

穴馬の場合、朝イチでは人気になっているのに締め切り直前では人気が落ちて他の馬と同化してしまう事があるんです。

つまり

朝イチのオッズでは目立つ馬が

締め切り直前では他の馬とそう変わらないオッズとなっているんですよね。

なので締め切り直前オッズでは相手として押さえておくか、切るのかの判断が非常に難しいです。

では実際のレースのオッズをご紹介しますね。

ちなみに今回はいつもの朝イチオッズではなく締め切り直前オッズを先に見てください。

上の表は2021年8月28日(土)新潟競馬場第6レースの締め切り直前オッズです。

さて

このレースに限らず締め切り直前オッズはどうしても穴馬の発見が難しいんですよね。

私はもしこのオッズだけ見てこの馬来るかも?

ってなかなか判別できません。

でもですよ、朝イチオッズならオッズ初心者の方でも違和感のあるオッズが発見できたりします。

上の表はいつもどおり、朝イチオッズ表となります。

この朝イチオッズ表なら単勝・複勝オッズにおいて

整合性がとれていないオッズが発見できるのではないでしょうか。

  • 6番:フジシラユキヒネ 複勝オッズ4.1倍→異常オッズ
  • 7番:ウィスクテソーロ 複勝オッズ2.8倍
  • 1番:コパノサンタフェ 複勝オッズ3.4倍
  • 12番:プロボノ 複勝オッズ4.5倍
  • 17番:カヨウレンカ 複勝オッズ3.1倍
  • 13番:ライトストーム 複勝オッズ4.5倍→異常オッズ 

頭数が多いのですが

6番及び13番の複勝オッズが上下の馬に比べて異常に高い、いわゆる複勝異常オッズとなっていました。

複勝異常オッズ馬の上下の馬は馬券に絡みやすい法則

からこのレースでは

その上下に配置されていた7番及び17番を穴馬候補とします。

でさらにオッズをよく見ると

上位人気、8番及び11番がオッズ&データマイニング指数でも抜けていますよね?

であれば

馬券を絞って穴馬2頭から上位人気へのフォーメーションで攻めてみます。

馬連は

7・17→8・11の4点。

保険でワイド

7・17→8・11の4点で勝負です。

結果は

  • 1着:8番ソネットフレーズ(1番人気)
  • 2着:7番ウィスクテソーロ(7番人気)
  • 3着:11番ストーリア(2番人気)

ダントツ1番人気の8番は当然のように1着となりましたが

朝イチ複勝オッズで浮上した7番が2着を確保して的中となりました。

馬連 7-8 2,170円

は配当的には低いですが4点買いなので大幅プラス、

ワイド

7-8 650円 7-11 1,160円

はダブル獲り成功です。

ちなみに3連複も買っていたら的中で

7-8-11 1,810円

ですが配当が安すぎますね(笑)

ちなみに3連複の買い方は私のパスワード記事

3連複18点買い

の応用編という形でした。

パスワード記事購入者の方も今一度確認していただければ幸いです。

まとめ

今回は競馬のオッズ取得時間は朝イチがベストな理由とは?オイシイ馬券が転がっている

をお伝えしました。

※※※※※お知らせ※※※※※

『どうやっても競馬で勝てない!!!』

『また競馬でお小遣いを散財してしまった・・・』

『いろんな競馬必勝法を使ってもさっぱり当たらない・・・』

もし競馬予想で悩んでいるのであれば進化系オッズ理論を使ってみませんか?

誰でも簡単に3連複の買い目が出せて高額馬券も取れるオッズ理論

3連複18点買い理論

驚異の連対率8割!枠連を使った秘伝の法則

枠連連対法則 ご興味のある方は御連絡ください!

※オッズを使っての予想が苦手な方は御遠慮ください。

「馬王Z」自動運転攻略法を無料提供中!【競馬最強の法則WEB】

《公式》極ウマ・プレミアム

日刊スポーツ新聞社運営の競馬情報サイト 人気のコンピ指数がレース前夜に読める!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ABOUTこの記事をかいた人

はじめまして! 競馬と出会ったのは高校生の時、ミホノブルボンの3冠がかかった菊花賞がきっかけでした。その後競馬にのめりこみ、志望大学に至っては『競馬場に近いから』という不順な動機で選択し、見事?合格。 大学はほどほどに、競馬場に行くのが日課となる。 その後これでもかというくらい負け続け、これではイカン!と思い競馬本を買いあさり、必勝本を読んでは競馬研究に没頭する。 そして苦節20数年、ついに負けない馬券の買い方『KO理論』を開発し、お小遣いを稼ぐ競馬術を編み出して現在に至ります。