【競馬オカルト】同枠の人気じゃない方の馬が激走する法則とは?

突然ですが競馬オカルトと聞くと何を思い出しますか?

一般的にはサイン馬券=オカルト馬券ですよね。

私は競馬歴が約30年と長いのでオールドファンなら共感してくれると思いますが

古くは2001年有馬記念のアメリカ同時多発テロがあった年の

マンハッタンカフェ+アメリカンボス

最近では

2014年の日本ダービーの勝ち馬ワンアンドオンリーですね!

巷では誕生日馬券がサインともいわれていますが

確かダービー当日の表彰式プレゼンターでTOKIOが参加されており

TOKIOといえばラブユーオンリーという曲を出していた事にピン!

と来て遊びでワンアンドオンリーの単勝で儲けた記憶があります(笑)

と話が脱線しましたが

今回は競馬オカルトといえばやはり同枠の人気薄なんです。

さらにオッズを使ってご紹介したいと思います。

同枠人気馬は惨敗、人気薄が激走するオッズとは

上の表は2021年8月14日(土)新潟競馬場第6レースの朝イチオッズ表です。

さて注目は1番人気の7番ですね!

7番の単勝オッズは3.5倍、複勝オッズは2.1倍で

オッズを見る限り危険な1番人気の予感がします。

さらにデータマイニング指数でも

タイム型が9位、対戦型が6位なので

軸にするのはかなりヤバそうです。

では他の馬で穴っぽい馬を探すと・・・・

複勝オッズでちょっと違和感のある馬に気づきませんか?

  • 13番:ショウナンナウシカ 複勝オッズ3.5倍
  • 4番:ジュバンスアトワ 複勝オッズ6.5倍→異常オッズ
  • 8番:ガトーフレーズ 複勝オッズ2.8倍

この3頭の並びですが4番の複勝6.5倍は上下の馬に比べて異常に高い、いわゆる異常オッズとなっています。

複勝異常オッズ馬の上下の馬は馬券に絡みやすい法則

から穴馬は13・8番なんですが・・・

このレースでは4枠8番から狙ってみます。

その理由は冒頭でお伝えした通り

同枠人気馬の隣の人気薄馬だったからです。

つまり

1番人気の4枠7番が信頼できないオッズであるならば

同枠の8番が複勝オッズからも狙える馬!

という事になります。

であれば馬券の組み立ては簡単で

8番から上位人気+複勝オッズの穴馬13番を入れて

8番→7・2・9・17・12・13の6点買いで勝負です。

結果は

  • 1着:8番ガトーフレーズ(10番人気)
  • 2着:17番クランプ(2番人気)
  • 3着:3番カルーナブルガリス(6番人気)

4枠7番は1番人気を維持しましたが結果は12着と惨敗。

そして同枠の4枠8番が10番人気の低評価ながら1着と激走しました。

2着は順当に人気の17番が来たことで無事的中です。

馬連8-17 19,060円と

万馬券で6点買いなので大幅回収!

また3連複はちょっと手を広げないと無理でしたが

買っていれば

3-8-17 62,550円

と6万馬券となりました。

でまさかの8番が1着だったんですが

単勝8番 6,030円とオッズが大幅に下がって

やはり少額でも単勝を抑えた方がいいかもしれませんね。

という事で

今回紹介したレースのオッズは割とわかりやすかったので

的中された読者様も多いのではないでしょうか。

という事で今回お伝えしたかったのは

人気馬の同枠の人気薄馬を狙え!

でした。

ただ、やみくもに穴馬を狙っても外れるので

オッズとレース選択だけは慎重にしてくださいね。

まとめ

今回は【競馬オカルト】同枠の人気じゃない方の馬が激走する法則とは?

をお伝えしました。

※※※※※お知らせ※※※※※

『どうやっても競馬で勝てない!!!』

『また競馬でお小遣いを散財してしまった・・・』

『いろんな競馬必勝法を使ってもさっぱり当たらない・・・』

もし競馬予想で悩んでいるのであれば進化系オッズ理論を使ってみませんか?

誰でも簡単に3連複の買い目が出せて高額馬券も取れるオッズ理論

3連複18点買い理論

驚異の連対率8割!枠連を使った秘伝の法則

枠連連対法則 ご興味のある方は御連絡ください!

※オッズを使っての予想が苦手な方は御遠慮ください。

「馬王Z」自動運転攻略法を無料提供中!【競馬最強の法則WEB】

《公式》極ウマ・プレミアム

日刊スポーツ新聞社運営の競馬情報サイト 人気のコンピ指数がレース前夜に読める!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ABOUTこの記事をかいた人

はじめまして! 競馬と出会ったのは高校生の時、ミホノブルボンの3冠がかかった菊花賞がきっかけでした。その後競馬にのめりこみ、志望大学に至っては『競馬場に近いから』という不順な動機で選択し、見事?合格。 大学はほどほどに、競馬場に行くのが日課となる。 その後これでもかというくらい負け続け、これではイカン!と思い競馬本を買いあさり、必勝本を読んでは競馬研究に没頭する。 そして苦節20数年、ついに負けない馬券の買い方『KO理論』を開発し、お小遣いを稼ぐ競馬術を編み出して現在に至ります。