競馬単勝1番人気が1.4倍でも過信は禁物!!競馬に絶対は無い!!

競馬の世界において八百長があるかどうかは知りませんが

確実に言えるのは

競馬には絶対のレースは1つもない!!

です。

まぁアタマで考えたらわかるのですが

私の大好きなディープインパクトでさえ

現役時代に2度も敗れていますからね。

でもいざ勝負となると

ついついオッズに惑わされて頭鉄板のレースだと思い込んだりしていませんか(笑)

という事で今回は

今一度念押しで

競馬単勝1番人気で朝イチオッズ1.4倍の馬が負けちゃうレースをご紹介します。

そして補足なんですが

枠連オッズを見るとたまにある法則があるんでそちらも是非確認してみてください。

圧倒的な単勝1番人気が負けてしまうレースと枠連人気に注目

上の表は2021年6月12日(土)札幌競馬場第3レースの朝イチオッズ表です。

で見てほしいのは

1番人気6番ヴィオマージュのオッズですね。

なんと6番は朝イチ時点で

単勝オッズ1.4倍、複勝オッズは元返しの1.0倍で断トツの人気となっています。

そしてデータマイニング指数もタイム型、対戦型ともに1位で

これはもう誰が何と言おうと

鉄板のような気がしますよね?

ですが冒頭でお伝えした通り

競馬には絶対のレースは存在しません。

こちらの表は確定オッズではありますが

過去5年間の単勝1.0倍から1.4倍までの着順となります。

すると勝率でも63.5%、つまり10レース中4回は2着以下ですし

複勝においても10回に1回は負けているというデータとなっています。

しかも配当面でも

単勝1.4倍のレースで的中しても

配当はたかだか知れています。

つまりハイリスクローリターンなんです。

なのでこういったレースは勝負レースには適していません。

であれば遊びで穴馬を買った方かいいかもですね!

でここからはオカルトですが

以前の記事で

人気馬の同居する人気薄の馬がなぜか激走するレースをお伝えしたことがあります。

そして今回もなんですが

枠連人気では

朝イチ2番人気に推されていた

5-8

つまり朝イチ単勝人気では

1番人気・2番人気の組み合わせが

1着2着を確保しました!

しかしいずれも人気薄の方がくるという面白い決着だったんです(笑)

  • 1着:11番エレファンティネ(11番人気)
  • 2着:5番ファイヤービート(4番人気)
  • 3着:12番ハクサンタマテバコ(2番人気)

ちなみに1番人気の6番は単勝1.3倍と圧倒的な人気だったのにもかかわらず

なんと12着の最下位に落ちてしまいました!

だから競馬は恐ろしいんですよね。

一応枠連で買っていれば

枠連 5-8 530円で的中だったんですが

馬連は 5-11 35,270円

の大波乱となりました!

さすがに馬連的中は難しかったと思いますが

人気馬の同枠人気薄枠は気を付けた方がいいですよ。

今回の朝イチオッズでは激走馬が見抜けませんでしたが

少なくても圧倒的1番人気から勝負する事は控えた方がいいオッズでした。

であれば遊びで買う程度なら夢があっていいかもしれませんね!

一応断層を確認すると・・・

なんと1着に来た11番は3本目の断層手前に配置されていました!!

やはり朝イチオッズで発見できる穴馬でしたね(笑)

まとめ

今回は競馬単勝1番人気が1.4倍でも過信は禁物!!競馬に絶対は無い!!

をお伝えしました。

※※※※※お知らせ※※※※※

『どうやっても競馬で勝てない!!!』

『また競馬でお小遣いを散財してしまった・・・』

『いろんな競馬必勝法を使ってもさっぱり当たらない・・・』

もし競馬予想で悩んでいるのであれば進化系オッズ理論を使ってみませんか?

誰でも簡単に3連複の買い目が出せて高額馬券も取れるオッズ理論

3連複18点買い理論

驚異の連対率8割!枠連を使った秘伝の法則

枠連連対法則 ご興味のある方は御連絡ください!

※オッズを使っての予想が苦手な方は御遠慮ください。

「馬王Z」自動運転攻略法を無料提供中!【競馬最強の法則WEB】

《公式》極ウマ・プレミアム

日刊スポーツ新聞社運営の競馬情報サイト 人気のコンピ指数がレース前夜に読める!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ABOUTこの記事をかいた人

はじめまして! 競馬と出会ったのは高校生の時、ミホノブルボンの3冠がかかった菊花賞がきっかけでした。その後競馬にのめりこみ、志望大学に至っては『競馬場に近いから』という不順な動機で選択し、見事?合格。 大学はほどほどに、競馬場に行くのが日課となる。 その後これでもかというくらい負け続け、これではイカン!と思い競馬本を買いあさり、必勝本を読んでは競馬研究に没頭する。 そして苦節20数年、ついに負けない馬券の買い方『KO理論』を開発し、お小遣いを稼ぐ競馬術を編み出して現在に至ります。