スプリンターズステークス【2020年】過去データから傾向を分析!

こんにちは!お小遣いを競馬で稼ぐサラリーマン馬券師のチョコぱんです。

今回は2020年10月4日(日)中山競馬場第11レースで行われる

第54回スプリンターズステークス(GⅠ)について

過去データから傾向を分析していきます。

電撃の12ハロンという事で激戦必至といえます!1分ちょっとの熱い戦いに備えて勝ち馬を探っていきましょう。

スプリンターズステークスに強い種牡馬

中山競馬場芝1200m戦という事で個性派ぞろいの種牡馬ランキングとなりましたね。

この中では過去1戦して1勝の外国馬が気になりますよね。

父Raven’s Passを持つのは2019年のスプリンターズステークス優勝馬のタワーオブロンドンですが今回は不参加。

またEncosta de Lagoを父に持つのは海外から参戦したウルトラファンタージーですが、当然今回同じ父を持つ馬はいません。

という事は外国馬で狙えそうなのは父Speightstownを持つ

モズスーパーフレア

を1番手の注目馬としましょう。

昨年のスプリンターズステークスでは3番人気で2着に好走。そして2020年高松宮記念では見事GⅠ勝ちを収めています。今回も人気になりそうなので無視できませんね。

穴っぽい外国産馬なら

  • ミスターメロディ
  • ライトオンキュー

の牡5歳の2頭でしょうね。特にライトオンキューは名前からなのか、騎手からなのか(今回はフルキチ事古川が騎乗)わかりませんが実力の割には直近では1番人気になりません。

なのであっと言わせるのであればライトオンキューかもしれませんよ。

逆に危険な種牡馬は、なんとディープインパクト産駒です。

過去10戦出走のうち勝ち馬はゼロ、2着3着が2回だけなので人気する割には旨味がなさそうです。

そして2020年の出訴馬には1番人気になるかもしれない

グランアレグリア(ルメール騎乗)がスタンバイしています。

もしグランアレグリアが来てしまったらしょうがない、とあきらめましょう(笑)

スプリンターズステークスに強い騎手

騎手データを見る限り、突出して狙えそうなジョッキーはいませんね。

あえて言えば騎乗数が少ない割には2勝しているデムーロでしょうか。

今回は前走北九州記念勝ちのレッドアンシェルに騎乗ですがデムーロマジックは炸裂するのか、少し気にしておきたいですね。

スプリンターズステークスの人気別信頼度

荒れる予感が漂うスプリンターズステークスですが、意外にも固い決着が多いデータとなっています。

特に1番人気は過去10年で4勝、2着3着が1回ずつと安定した走りを見せていますね。

2番人気、3番人気も2勝ずつなので

10年中8回までが1番人気から3番人気の馬で決まるというのは覚えておいた方がいいかもですね。

あと、本命で決まるかと思いきや、9番人気以下の激走もありますので

穴馬にも気を付けた方がいいかもしれません。

スプリンターズステークスの年齢別成績

年齢別では4歳、5歳、6歳で3勝を分け合う形となっています。

しかし勝率では4歳勢が勝率11%と頭一つリードしていますね。

2020年のスプリンターズステークスの出走馬で4歳馬は

  • アウィルアウェイ
  • エイティーンガール
  • グランアレグリア
  • クリノガウディー

でこの4頭全てがなかなか強いのでココは当日のオッズで選びたいと思っています。

まとめ

今回は2020年スプリンターズステークスの過去データから傾向を分析してみました。

出走メンバーをみても実力伯仲ではないでしょうか。予想もですが見るだけでも興奮するレースになる事間違いなさそうです。

今回は以上となります。最後までお読みいただきありがとうございました。

今なら、無料登録で【馬王Z】自動運転攻略法を提供!!

競馬予想なら!
競馬最強の法則WEB

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ABOUTこの記事をかいた人

はじめまして! 競馬と出会ったのは高校生の時、ミホノブルボンの3冠がかかった菊花賞がきっかけでした。その後競馬にのめりこみ、志望大学に至っては『競馬場に近いから』という不順な動機で選択し、見事?合格。 大学はほどほどに、競馬場に行くのが日課となる。 その後これでもかというくらい負け続け、これではイカン!と思い競馬本を買いあさり、必勝本を読んでは競馬研究に没頭する。 そして苦節20数年、ついに負けない馬券の買い方『KO理論』を開発し、お小遣いを稼ぐ競馬術を編み出して現在に至ります。